初めての脱毛~入門編~

HOME >>  脱毛しよう > レーザー脱毛の注意点

レーザー脱毛の注意点

近年の脱毛の施術方法はレーザーによるものが多数派となっています。絶縁針を使った方法よりも安全性が高く、痛みが少ないという利点がありますが、いくつか気をつけなくてはならない点は存在します。

たとえば、肌が弱い人にとっては問題がないのですが、アトピー性皮膚炎などを患っている場合には、その黒い色素にレーザーが過度に反応してしまうため、軽いやけどのような症状を引き起こすことになります。同様に、日焼けをした肌にレーザーを当てることも危険です。レーザーが毛根まで届かない、というだけではなく、皮膚に軽いやけどか水ぶくれを及ぼす場合があるのです。一度日焼けをしてメラニン生成が活発になった肌が落ち着くのは、3ヵ月後程度になるといわれていますので、日焼けをしてから最低限その程度の時期は空けてください。

レーザーを照射した後にも気をつけたいことはいくつかあります。レーザーを照射したばかりの肌は熱を持つことになりますので、帰宅するまで施術を受けた箇所には直射日光を当てないようにすることが大切になります。熱い季節とはいえ、長袖やバイザーなどで防御するようにしましょう。先に述べた、日焼けの問題もありますので、夏場には脱毛を避けるのが賢明であるかもしれません。脱毛してから1週間程度は、その部位を日光に当てないようにするのが賢明です。紫外線防止効果のあるクリームを塗ることは忘れないでください。

脱毛のためのレーザーを浴びることで熱を持っている肌は、ちょっとしたことで毛穴が開きやすくなります。そのため、レーザー脱毛をした当日には、入浴を避けて冷たいシャワーを浴びる程度に抑えること、唐辛子などの刺激物を避けること、アルコールを摂取しないことに気をつけてください。